読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成生まれのSMAPファンに届いたキャプテンからのメッセージ

私は平成生まれのSMAPファン。今やツイッターなどSNSのおかげで同年代ファンの知り合いは多いものの、日常的に会う事は少ない。同年代の子にSMAPが好きだと説明すると90%の確率で最初にいわれるのが「え?ジャニーズなら嵐じゃないの?」だ。びっくりはしない。学生のころはSMAPが好きな私にたいして5人か6人嵐ファンがクラスにいた。今ではファンクラブ会員の人数もSMAPのを余裕で越え、SMAPが何年もかけて切り開いて来た道をすごいスピードで追いついて来ている。今後が非常に楽しみだ。

 

私や他の平成生まれのスマヲタ(SMAPファンのこと)がSMAPを好きになったきっかけはみんなそれぞれ。親がファンだったり、数々あるヒット曲(「世界に一つだけのはな」など)だったり、気がついたらいつもそこにいたのがSMAPだったりと最初は些細な事だけど、今となってはなくてはならない存在。それがSMAP。性別年代関係なくファンを引きつけ、離さない。そのグループが今年25周年を迎えようとしている。

 

最新情報のRT、新聞を広げ、バラエティ番組を見て、ドラマにわくわくし、映画の前売り券を買い、雑誌を確認し、ラジオを聞いて次の日また一から。ファンになったタイミングはどうであれ日本の芸能界のトップにSMAPがいなかった時代を知らない私たちは、必死にライブで他のファンと盛り上がるためにSMAP貯金をコツコツとため、走り続ける(いい年した)アイドルを追っかける幸せで平凡なヲタク生活を送ってきた。今週の水曜日までは。少なくとも私は、あの日起きた瞬間これまでの日常がひっくり返された。

 

 解散の危機。

 

文字でみた時は他の多くのファン同様、また?と思ったわけで。それはこれまでにもSMAPに転機がくる度に噂されて来たから。でもだんだんと事の大きさに気がついた。

 

詳しい事は書かない。なぜかというと私たちは知らないから。日曜日になった今もまだ本当の状況がわからないのだ。だが私を含む全国、いや、世界中のスマヲタはしっかりSMAPに教育され、本人からの発表をまとう!という事になった。

 

水曜日は仕事にいった記憶がない。とりあえずなんとかテレビ前から離れ家をでた所までは覚えているがいつ新しい情報が出るかと隙があればツイッターを開いたが最新情報はどれも朝の内容の浅いスポーツ紙のリピート。夜8時前にやっと帰宅しても何も出ていなかった。

 

そんな中ようやく動きがあったのが昨日のキャプテンからの言葉。木村くんの What's Up SMAP(ワッツ)というラジオ番組でキャプテン(ラジオ内での木村君のあだ名みたいな物)が初めて触れてくれたのだ。

 

話せるときが来たら必ずここワッツで話します...キャプテンを信じてついて来てください。

 

この言葉にもちろん救われたが、何が真実でどこからどこまでが嘘なのかは未だにわからない。もしかしたらSMAPSMAPであり続ける間はわからないのかもしれない。いずれにしろ、明日、明後日で解決する事ではないことがはっきりとわかったのだ。

 

人間は「慣れ」に早い生き物。SMAPの未来がわかるのが明日、あさってじゃないとすると月日になる。インターネットがある今、情報は秒単位で誰もが手に入れられるという事は新しいニュースが古い物にかわるのも同じくらい早い。震災直後の東京は節電や、募金の呼びかけなど積極的に行われていたのが今では嘘のようにネオンがギラギラでにぎやかなな街に戻っている。その中、毎週必ず冠番組スマスマの終わりの数秒を募金の呼びかけに使い続けているSMAP。そんな彼らの為に私たちファンができることはなにかないだろうか。

 

冒頭に書いたファンじゃない同年代の話にもどるが、最初は皆私がファンなことをびっくりするが日々の中、テレビなどでSMAPを見かけると自然と次の日私に教えてくれた。SMAPってあんな仕事もしてるの?こんなに面白い人なんだね!ファンになるとまでいわないが、SMAPを少しづつ知って行ってくれた。今回の報道がきっかけで会社でもよく話題にあがっているのが聞こえてくるが、どれも内容の浅いもの。SMAPイコールスマスマ、それとすごい人たちに歌を提供してもらってる長年芸能界にいるジャニーズのグループ。これで情報が止まっている人が多い。せっかく、ネガティブではあるかもしれないけど、「いつもそこにいた」SMAPがスポットライトを浴びている。そのなかで世界に一つだけの花を3ミリオンまで売り上げを伸ばそうというファンの行動をはじめとし、SMAPの「今」をファンなりに伝える事で、本当のSMAPを少しでも知ってもらえるかもしれない。こんな私にもできる事があるんじゃないかと思いこのブログをはじめようと思った。

 

今日のSMAP。それを毎日書くことでSMAPはまだまだ活躍中であり、日本の芸能界になくてはならないグループだという事を書き続ければ誰か1人にでもわかってもらえるかもしれない。そんな願いを込めて。そして数年後にこの書き込みを読み返しそういえばこんなことで泣いたな〜と思い笑える事を願って。

 

どうか届きますように、

もう少しだけ大好きな5人を応援させてください。

 

 

Don't forget your fans always have your back,

Akiko